台中市中西区-市街地探検の推奨コース

★ 所要時間:

全日

★ カタログ:

建物

★ 関連交通情報:

1. 鉄道乗り、または台湾高速鉄道で台湾鉄道台中駅に到着します。
(1) 台湾鉄道台北駅を出発し、台湾鉄道台中駅まで運転時間約2時間かかります。
台湾鉄道高雄駅を出発し、台湾鉄道台中駅まで運転時間は約2時間22分かかります。
(2)台湾高速鉄道台中駅→新烏日駅に乗り換え上り(北向き)鉄道に乗り、→台湾鉄道台中駅を降ります。

2.台湾鉄道台中駅から「徒歩」で各スポットへ:
(1)台湾鉄道台中駅→成功路に沿って歩いて自由路を右折し,徒歩で15分間かかり→ 台中公園に到着します。
(2)台中公園→市府路に沿って徒歩で15分間かかり →台中市役所に到着します。
(3)台中市役所→沿著民權路、徒歩で1分間かかり→台中州庁に到着します。
(4)台中州庁→市府路から康楽街を右折し、府後街を左折し徒歩で11分間かかり→台中刑務所演武場に到着します。
(5)台中刑務所演武場→府後街から康楽街を右折し、復興路を左折し、徒歩で14分間かかり→台中カルチャークリエティブインダストリーパーク(6)台中カルチャークリエティブインダストリーパーク→復興路から徒歩で10分間かかり →台湾鉄道台中駅に到着します。

★ 注意事項:

1.各スポットの参観の選定と順番はご自分の好みにより適切に調整してください。
2.各スポットは無料入場と参観です。
3.参観前に各スポットのウェブページで参観の情報を検索することをお勧めします。
4.各スポットは徒歩による移動のほか、「台中市公共自転車のレンタルシステム」(iBike微笑バイクと略称され)を移動する交通手段をご利用していただけます。レンタル方法は (https://ppt.cc/f7xVpx)までご参照ください。

Step 1: (旧)台中駅(旧駅舎)

スポット概要:  (旧)台中駅(旧駅舎)は1917年に国定古跡として建てられた都市のランドマークであり、台中タウンの発展と台湾鉄道の歴史の発展を象徴しています。
ウェブサイト:  1.https://ppt.cc/f0eIix
2.https://ppt.cc/f1F1Mx
3.https://ppt.cc/feHLhx
教育的意味:  1.この建物は、日本の統治時代の台湾の総督邸に似ており、建物の本体の中央の屋根は、華麗なる時計塔が飾られ、また白いガラノリスのベルトに囲まれていて、赤レンガの表面とは対照的に、雄大な外観に見えます。
2.祭りやイベントに最適な場所、展示会場、対象物のランドマークなどです。
探索方法:  1.チェックイン
2.撮影
3.宝探し
特別体験イベント:  1.そびえ立つミナレットステーションでチェックインと撮影。
2.プラットフォームの鉄骨構造のチェックインと撮影。
費用:  なし
推奨の滞在時間:  1hr
推奨交通手段:  徒歩

Step 2: 台中公園

スポット概要:  台中公園は台中市で最も古い公園で、日本統治時代に建てられ、、約32,889坪の面積を占めています。 1999年、台中市政府は湖心亭(湖心パビリオン)を市定古跡を認定し常に公園でイベントを開催しています。
ウェブサイト:  https://ppt.cc/fkX2xx
教育的意味:  1.豊富な文化資産を有し、市定古跡である「湖心亭(湖心パビリオン)」の他、歴史的建造物である「ラジオ放送局」、「台湾省城の大北門」及び「砲台山…など
2.所以有各期三角點及紀念碑。明治時代に台湾の地籍座標系の起源であったため、各時代には三角点と記念碑があります。
探索方法:  1.チェックイン
2.撮影
3.宝探し
4.毎月第2、第4の日曜日の午前10:00また午後15:00に一回のガイドサービスの申込可能です。毎回ガイドサービス時間1時間。
特別体験イベント:  1.湖心亭(湖心パビリオン)で景色鑑賞をチェックインします。
2.日月湖のレンタルボートサービスによる湖を遊びます。
費用:  なし
推奨の滞在時間:  2hr
推奨交通手段:  徒歩

Step 3: 台中市役所

スポット概要:  台中市役所は日本統治時代の「辰野式」のバロック風様式の建築の一つで、台中地域において鉄筋コンクリートの建物の初です。
ウェブサイト:  1.https://ppt.cc/fhkQAx
2.https://ppt.cc/fCCJix
教育的意味:  1.建物の外観はバロック風様式で建てられ、入り口の聳え立つ柱と8セットの木造トラスは日本統治時代のクラッシックな建築技術です。
2.以「生活、文化、伝承を経営理念とし、カルチャークリエティブ景観と文化教育を推進し、伝承と想像力で時代の意義を改めて与え、建築に新たな活力を注ぎます。
探索方法:  1.チェックイン
2.撮影
3.宝探し
4.グループや一般参観者より市役所の参観についてグループガイド案内サービスを予約できます。
5.毎月10日午前10時から午後16まで来月の予約時間を開放します。予約電話886-4-3507-7357までお問い合わせください
特別体験イベント:  「生活、文化、伝承‘」を経営理念とする食事サービスとカルチャわせください 
費用:  なし
推奨の滞在時間:  1hr
推奨交通手段:  徒歩

Step 4: 台中州庁

スポット概要:  台中州庁日本統治時代に台中市の公的ビルであり、第二次世界大戦の日本降伏後、管理当局より台中市の市政府の所在地に変更されました。
ウェブサイト:  https://ppt.cc/fY2avx
教育的意味:  1. 台中州庁の建造物は政治的地位と都市における重要性を際立たせルためにまた台中市の町の計画の取組に合わせ、マインエントリーは重要な回廊の角にあります。日本の統治時代の役場の特徴です。
2.台中州庁の全体デザインはフランスのマッサスタイルを真似て、正面には明らかな「マッサ」屋根が備えられています。。
3. 1階の玄関にはドーリア式柱があり、2階にはイオニア式柱が用いられています。
探索方法:  1.チェックイン
2.撮影
3.宝探し
4.毎日開館時間 08:00 – 17:30
5.州庁の近くは商業区、飲食区、伝統的古い街があり歴史的かつ文化的資源に満ち溢れます。
特別体験イベント:  なし
費用:  なし
推奨の滞在時間:  1hr
推奨交通手段:  徒歩

Step 5: 道禾六芸文化館ˍ台中刑務所演武場(武術練習場)

スポット概要:  台中刑務所の演武場(武術練習場)は現在台中市で唯一の日本統治時代にある武術ジム式の建物です。1937年に建てられ、元々は台中刑務所(現在の台中刑務所)の刑務官に武術の練習に用いられました。
ウェブサイト:  http://www.sixarts.org.tw/
教育的意味:  1.道禾六芸文化館は台中市の歴史的建築物の一つであり、当時の刑務官や警察の武術の練習の場所です。
2.孔子の「六芸の教え」の精神を改めて「新しい六芸の文化」として再解釈され、さまざまな文化の芸術的経験と教養を通じて命の価値の深化を求めます。
探索方法:  1.団体扱特約への会館のガイドサービスを提供し、料金は$600、時間は約30~40分。
2.参観時間
会館の外~
心行館に限られず(茶屋)~ 月曜日9:30-17:00、火曜日~土曜日まで9:30-22:00
伝習館 (展示会、元の寮)~火曜日~日曜日9:00-17:00。
特別体験イベント:  1.六芸文化の体験イベント、内容は歴史的建造物ガイド」、「礼-茶道」、「射-弓道」、「御-剣道」、「書-書法」、「書-水墨」、「数-囲碁」などが含まれています。
2.15人以上の団体体験活動と料金は886-4-23759366またはsixarts33@gmail.comまでお問合せください。
費用: お問合せください。
推奨の滞在時間:  1hr
推奨交通手段:  徒歩

Step 6: 台中カルチャークリエティブインダストリーパーク

スポット概要:  カルチャークリエティブインダストリーパークの日本統治時代の台湾の歴史的建造物とワイン製造機械や設備は、台湾においてワイナリーの工業地帯で最も完全に保存された工場です。
ウェブサイト:  https://ppt.cc/fkVAyx
教育的意味:  1.「カルチャークリエティブインダストリーパーク」大学生、芸術団体および業界などの間で文化的および創造的なアイデアを公開および交流するためのステージを提供します。
2.「カルチャークリエティブインダストリーパーク」は古い台中ワイナリーがワイン産業サイトから再活性化され、文化的かつ創造的な産業を推進する拠点に変身したことを意味します。
探索方法:  1.チェックイン
2.撮影
3.宝探し
4.パークの開館時間:6:00-22:00 月〜日曜日
5.展示会平日の開館時間:9:00-17:00 各展示館の掲示によります。
6.夏の土曜:9:00-18:00 5月-10月
特別体験イベント:  「1916カルチャークリエティブワークショップ」は、さまざまなカルチャークリエティブワーカーを集め、「フロントストアおよびバックステージ」のコンセプトのもとで運営され、参加者たちにダミエ、さまざまな経験コースと、塗装、金属加工、傘の縫製、布織り、セラミック練りこみなどの様々な多元化的体験できるコースとカスタマイズ製品を提供します。
費用:  お問合せください。
推奨の滞在時間:  1hr
推奨交通手段:  徒歩
2019-12-18T15:35:56+00:00 Categories: 市街地探検, 全日, 建物|