嘉義市-市街地探検の推奨コース

★ 所要時間:

半日

★ カタログ:

文化 グルメ 建物 芸術 歴史

★ 関連交通情報:

1.台湾鉄道の嘉義駅より出発しぶらぶら旅を
2. 徒歩

★ 注意事項:

1.各スポットの山間の選択と順番は自らの好みで適切に調整するのをお勧めします。
2.各スポットは無料の入場と参観です。
3.参観前に各スポットのウェブページまで参観情報を検索することをお勧めします。

Step 1: 森林之歌

スポット概要:  嘉義市の林業回廊の新たなランドマーク
ウェブサイト:  https://travel.chiayi.gov.tw/travel-content?id=12
教育的意味:  芸術家である王志文の創造力と巧みで林務局より提供する木材、軌道、ロタンパーム、石材などの素材を利用し、空に聳えた神木と阿里山の小型の森林鉄道を主に14メートルの高さ、55メートルの長さの大型インストレーションアートを作り上げます。棒状の木で本体を囲んで、神木の纏わり、清浄心、憂いなしのレベル高いの心を意味し、また藤材料による歩道を編む山洞の奇妙な境を貫通することを象徴します。また底部を囲まれている鉄骨の石造の籠は平地と山林の間に綿密に繋がっている自然系生態を引き立て、鍵の「木材の都」の独特な繁栄な景色を再現します。
探索方法:  訪問体験
特別体験イベント:  芸術鑑賞
費用:  なし
推奨の滞在時間:  20分
推奨交通手段:  徒歩

Step 2: 阿里山森林鉄路車庫園区

スポット概要:  阿里山小型鉄道のベースキャンプ
ウェブサイト:  http://okgo.tw/butyview.html?id=3781
教育的意味:  「阿里山森林鉄路車庫園区」は阿里山小型鉄道のベースキャンプで、その中で様々な機関車の頭とプラント設備を保存しまた、機関車車庫、修理工場、駐車場、車両清掃工場などの設備を設けて、昔の檜の車両や食堂車もここでご覧になれます。~観光客は数台の退役した退役した蒸気機関車、ディーゼル機関車、パワー客用機関車、客用貨物用車両で機関車の頭の方向の変換の円形のトラバーサなどを鑑賞し、また近距離で触ることができます。充実した中身はまるで大型の機関車の生態博物館のように鉄道ファンは絶対の見逃しなく!
探索方法:  訪問体験
特別体験イベント:  退役した蒸気機関車、ディーゼル機関車、パワー客用機関車、客用貨物用車両で機関車の頭の方向の変換の円形のトラバーサなど
費用:  なし
推奨の滞在時間:  10~30分
推奨交通手段:  徒歩

Step 3: 嘉義市博物館

スポット概要:  嘉義市博物館の工事の支度はゼロから始まり、本市市民の薛文吉さんより2005件の生涯通しの私蔵の化石を寄付し、ここより特別の感謝の意を伝え、本館の所蔵をより充実しました。嘉義市の市民は地元を愛し、地方に貢献し、犠牲と献身的な精神はまさにこの私立博物館の創設の趣旨です。
ウェブサイト:  http://www.cabcy.gov.tw/web/Museum/
教育的意味:  嘉義市博物館は多機能の総合的博物館で、建物の本体は地下一階、地上三階です。一階は地質ホールと特別展示区です。二階は化石ホール、コーチン陶器特別展示区、石の猿の特別展示区で、三階は芸術スペースです。展示内容は嘉義の「地質、化石、美術」の三大テーマで完全に嘉義一の自然の景観と刃部的芸術などの文化の特色を呈します。
探索方法:  訪問体験
特別体験イベント:  なし
費用:  なし
推奨の滞在時間:  60分
推奨交通手段:  徒歩

Step 4:北門駅

スポット概要:  阿里山鉄路北門駅は明治43年(1910年)に建てられ、ビル全体は阿里山の特有の赤桧で主な建築材料を一番の特色と捉えられています。
ウェブサイト:  http://okgo.tw/butyview.html?id=1255
教育的意味:  日本人は林業を開発するために、北門駅の近くに林業の事務庁舎や木材タンク、製材所、機関車修理工場、林業経営クラブなどの機関を設立し、北門駅の設立により嘉義地区の発達をあげ、当時北門の周りは全台湾の最大の木材の取引市場で、様々な木材、木材屋、製材所や製材工場鋸木及製材工廠は駅の近くに林立し,南北へ行ったり来たり木材業者は多くのビジネスチャンスをもたらしました。現在北門駅は嘉義市政府に市定古跡と認定され、駅で色々阿里山の森林鉄路と林業発展の歴史を展示し、観光客に時空のトンネルに入るように、懐旧的思い出の旅が始まります。
探索方法:  訪問体験
特別体験イベント:  木材建築史跡
費用:  なし
推奨の滞在時間:  10分
推奨交通手段:  徒歩

Step 5: 森活桧意村

スポット概要:  「桧意森活村」は2014年台湾映画の「KANO」の撮影シーンの一つです。観光客はガイド案内看板に沿って、桧の木に溢れた森活村で特殊な林業歴史の情緒と映画文化と交わりの独特の美しさを享受します。
ウェブサイト:  hinokivillage.com.tw
教育的意味:  「桧意森活村」は嘉義市の東区にあり、3.4ヘクタールを占め林森東路より南北の二つ後背地に分けて、北側は昔の日本籍のジュニアスタッフの寮エリアで、南側は高等の職務等級などの官舎で、長い歴史のため、その後従来の日本式工法で原材料で修復し、四年間の努力で旧式の寮の様子は再現され、また市定戸籍と歴史的建築として登録されます。現在23棟の木造歴史的建物を保ち、ここは最も早い林業村だけではなく、最も完璧的に幅の広い日本式官舎の建築群です。
探索方法:  訪問体験
特別体験イベント:  桧の和式建物
費用:  なし
推奨の滞在時間:  30分
推奨交通手段:  徒歩

Step 6: 当地グルメ-文化路 (鶏肉のご飯料理、林聡明サンドポットの魚頭)

スポット概要:  《世界屋台料理》アジア編、街の屋台料理は精通洗練されてきた美学で、食事環境は一番ではないかもしれませんが、庶民的料理はとても美味しいです。撮影チームは特に嘉義まで取材し有名な屋台料理である林聡明の「サンドポット魚頭」を紹介します。
ウェブサイト:  http://www.smartfish.com.tw/林聰明砂鍋魚頭
教育的意味:  シティの独特なグルメ文化、そのグルメの後ろに人文や歴史、家庭背景などの台湾要素を探り、美味しい料理を創出する前の苦労を言及しそのおかげで豊かな美食の饗宴を集め全ての視聴者にもっとも豊富な味試しパーティです。
探索方法:  体験とグルメ満喫
特別体験イベント:  グルメ
費用:  200元
推奨の滞在時間:  30分
推奨交通手段:  徒歩(15分間)
2019-12-17T17:42:30+00:00 Categories: 市街地探検, 半日, 文化, グルメ, 建物, 芸術, 歴史|