新竹市-市街地探検の推奨コース ver.B

★ 所要時間:

半日

★ カタログ:

文化

★ 関連交通情報:

自ら運転または台湾鉄道に登場し新竹駅を降りて徒歩またはUBIKEで到着可能です。

★ 注意事項:

なし

Step 1: 新竹市政府

スポット概要:  新竹市政府
ウェブサイト:  https://www.hccg.gov.tw/ch/index.jsp
教育的意味:  1925年に建てられ、日本統治時代に新竹州庁でした。和洋折衷スタイルで木造レンガ製斜め屋根で、素晴らしい特定力と対称的の形を持っています。
探索方法:  徒歩
特別体験イベント:  なし
費用:  なし
推奨の滞在時間:  30-60分
推奨交通手段:  自ら運転またはMRT交通機関に搭乗します。
1.台湾鉄道に搭乗:台湾鉄道新竹駅を降り中正路に沿ってまっすぐ行くと到着できます。
2.台湾高速鉄道に搭乗:182バスに搭乗し「東門市場駅」または「地方法院(地方裁判所)駅」を降りて徒歩で到着可能です。または台湾鉄道に乗り換え、台湾鉄道新竹駅を降り中正路に沿ってまっすぐ行くと到着できます。
3.バスルート:ブルーライン、ブルー1ゾーン、グリーンライン、2、10、11、11甲、20、23、31、世博1号は「東門市場駅」を降り徒歩で到着可能です。
182、ブルーライン、ブルー15ゾーン、12、16、27、57で「地方法院駅」を降りて到着可能です。
52、53線は「市政府駅」を降りて到着可能です。

Step 2: 東門城

スポット概要:  東門城
ウェブサイト:  https://www.taiwan.net.tw/m1.aspx?sNo=0001109&id=C100_408
教育的意味: 二級古跡です。1862年竹塹の有識者である鄭用錫は竹塹城の改築を奏請し、許可を受け1827年より着工式に石積みで城の壁を建て、城の塔を4本建て、東門は迎曦門、唯一に残された城の塔です。
迎曦門城の塔の下部は城の台座という、縞模様の花崗岩の石の塊より積み重ねられてきて、城門の穴は円形のアーチの形で、シティの出入口です。上部城の塔は元々は木造建物で、今コンクリート造りに変わられました。城の塔の構成として24本の角柱で屋根部分は仮四角屋根構造で、屋根の畝は反りのあり短いですが勢いのある姿、威風堂々としている雰囲気が漂います。城門前に石碑が1本立ていて、竹塹の城の修築の歴史の記録という存在です。城門前の広場は伝統と現代のテクノロジーを結合した市民広場で新竹文化の象徴的ランドマークです。
探索方法:  徒歩
特別体験イベント:  なし
費用:  なし
推奨の滞在時間:  30分
推奨交通手段:  自ら運転またはMRT交通機関に搭乗します。
台湾鉄道新竹駅を降りて徒歩で4分間で到着可能です。

Step 3: 城隍廟

スポット概要:  城隍廟
ウェブサイト:  http://www.weiling.org.tw/
教育的意味:  レベル3戸籍として、新竹城隍廟の名は馳せていて、北港の北港媽祖(まそ)と同じく有名で250年以上の歴史を有し、台湾においてランクの最高、三級古跡に入る新竹都城隍廟です。
探索方法:  徒歩
特別体験イベント:  陰暦二月十七日は城隍爺(じょうこうや)の誕生日です。
費用:  なし
推奨の滞在時間:  60-90分
推奨交通手段:  自ら運転またはMRT交通機関に搭乗します。
1.台湾鉄道に乗り換え、市区バスに乗り換え(5、10、11、11甲、20、23、28線で城隍廟を降ります)
2.台湾鉄道に登場し、新竹駅を降りて徒歩で9分間で到着可能です。
3.台湾高速鉄道新竹駅を降りて、台湾高速鉄道シャトルに乗り換え新竹市区へ向かい、「東城門円環(ロータリー交差点)
」を降りて徒歩で9分間で到着可能。

Step 4: 長和宮

スポット概要:  長和宮
ウェブサイト:  http://www.hccht.org.tw/all.htm
教育的意味:  1742年竹塹北廂の媽祖廟に建てられ、三級古跡と認定されます。北門の外に位置し「外の媽祖」と呼ばれています。その頃、竹塹地区では組合の取引業者のため、ここを議事の場所と定めて各の取引業者の信仰と参拝の場所となります。
探索方法:  徒歩
特別体験イベント:  なし
費用:  なし
推奨の滞在時間:  40-60分
推奨交通手段:  自ら運転またはMRT交通機関に搭乗します。
1.台湾鉄道新竹駅を降りて徒歩で中正路とのロータリー交差点を経て、東門街を歩いて北門街へ行き、約15分間かかります。
2. 台湾高速鉄道新竹駅を降りて、台湾高速鉄道シャトルに搭乗し、台湾鉄道新竹駅を降りて徒歩で15分間かかります。

Step 5: 鄭氏家廟

スポット概要:  鄭氏家廟
ウェブサイト:  https://www.taiwangods.com/html/cultural/3_0011.aspx?i=164
教育的意味:  新竹北門の鄭氏の家廟であり、於1985年8月19日に三級古跡と公表され、その後市指定戸籍と改められました。鄭氏家廟は東南向きの方角で、メインビルは三つの部屋で二つのエントリを備えるシングルヤードの建物で、中央パティオを囲む前後側の二つのエントリと両側のサイドポーチで、左右対称の建物で四角い様式です。建築は出身地である金門の閩南スタイルで建てられ、新竹鄭氏の一族は金門の分流に由来し物事の基本を忘れない精神を象徴しています。
探索方法:  徒歩
特別体験イベント:  なし
費用:  なし
推奨の滞在時間:   60-90分
推奨交通手段:  台湾鉄道新竹駅より徒歩で15分到着可能。
2019-12-17T17:27:38+00:00 Categories: 市街地探検, 半日, 文化|