新竹市-市街地探検の推奨コース ver.A

★ 所要時間:

半日

★ カタログ:

文化 グルメ 歴史

★ 関連交通情報:

徒歩

★ 注意事項:

交通安全及び台湾屋台料理の衛生と安全問題に関する選考

Step 1: 新竹州庁

スポット概要:  1925年和洋折衷スタイルを建物の形状とし、国定古跡とされ、よく保存されている官庁建築物です。
ウェブサイト:  https://www.taiwan.net.tw/m1.aspx?sNo=0001109&id=10869
教育的意味:  日本統治時代から残されたスタイリッシュ建物
探索方法:  案内ガイド
特別体験イベント:  なし
費用:  無料
推奨の滞在時間:  30分
推奨交通手段:  徒歩

Step 2: 新竹市映像博物館

スポット概要:  1933 年に開幕し台湾初の冷房設備の備える欧州風劇場で、古代ローマとイスラーム建築のスタイルを溶け込み、日本統治時代後期、第二次世界大戦前、日本の国力を示した公有建物です
ウェブサイト:  https://culture.hccg.gov.tw/ch/home.jsp?id=147&parentpath=0,145
教育的意味:  台灣電影文物典藏、展示、放送、研究、教育推進などの用途
探索方法:  案内ガイド
特別体験イベント:  オールドムービー鑑賞
費用:  20元
推奨の滞在時間:  45分
推奨交通手段:  徒歩

Step 3: 迎曦門

スポット概要:  1827年に着工式に、城門の前に石碑1本が立てて、新竹竹塹城の建築歴史の記録で、城門前の広場は伝統と現代テクノロジーを結合した市民広場で、新竹の文化としての象徴的ランドマークです。
ウェブサイト:  https://www.taiwan.net.tw/m1.aspx?sNo=0000108&id=C100_408&t=1
教育的意味:  建築物鑑賞で光栄にも「2000年台湾建築賞」と「第二回ファーイースト建築賞遠東」のダブル優勝賞を獲得。
探索方法:  案内ガイド
特別体験イベント:  なし
費用:  無料
推奨の滞在時間:  30分
推奨交通手段:  徒歩

Step 4: 新竹都城隍廟

スポット概要:  1748年に建てられ、台湾のテンプルの代表的な建築物の一つで、テープルの前の屋台料理は新竹のグルメの集まりの場所です。
ウェブサイト:  http://www.weiling.org.tw/
教育的意味:  テンプル文化と建物、地方グルメ
探索方法:  グルメ、案内
特別体験イベント:  地方グルメ(11:00~21:00)
貢丸(ポークミートボール)、米粉(ビーフン)、肉圓(バーワン)、魷魚羹(イカのとろみスープ)など
費用:  50元から
推奨の滞在時間:  食事時間1時間
推奨交通手段:  徒歩
2019-12-17T17:27:31+00:00 Categories: 市街地探検, 半日, 文化, グルメ, 歴史|